若手のころ…

忙しい時、気持ちに余裕がない時、そういう波を越えて、ふと緊張の糸が切れた時、僕はしばしば、 歯の詰め物(あるいは被せ物) が取れます。 大学4年生で初めてリサイタルをしたとき、留学中の試験終わり、3月のプラハへの演奏旅行の帰りなど… ガムを噛んでたり、キャラメル舐めてたり、あるいは機内食のスジばった鶏肉を食べてる時だったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間経ってしまいましたが

久しぶりに更新したブログ、お知らせさせていただきました「Duo Schlügelzeug Concert」終演いたしました。 天気にも恵まれ、多くの方に色とりどりの作品を聴いていただくことができました、ありがとうございます〓 新作を演奏する時の、「作曲家の思いに直接、触れる」時間というのは、古典の作品を演奏する時とは違う難しさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

念願叶って 2

ひとまず、有言実行の記事、です。 前回の更新が偶然にも「Duo Schlügelzeug」の記事でしたが、1年8ヶ月ぶりのSchlügelzeugコンサートを今年開館20周年を迎える、「栗東芸術文化会館さきら」小ホールにて、開催させていただけることになりました。 鳥をフォーカスする前の吉松隆さんの作品に始まり、高校時代にド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらは細々と…

皆さま 大変、大変ご無沙汰しております。 こちらの更新はなんと1年8ヶ月ぶり。 その間、たくさんのコンサートがあり、中でも13年ぶりとなる渡欧では、プラハ市のスメタナホールにてコンチェルトを弾かせていただきました。 コンサートの情報を随時更新していかなくては…と思いつつ、多忙と怠惰と我が家の電子機器の老朽化などにより、ホーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

念願かなって・・・・

フル稼働していたエアコンも最近はひと段落、「エアコンかけすぎると子供の汗腺が減って?汗をかきにくい子になっちゃうよ」という話を聞いて感じた不安を吹き飛ばすような息子の発汗ぶりに、目を細める毎日の塩見です。 ご無沙汰しております。 涼しくなった・・・・とはいえ、今度は台風の季節。 3連休の楽しい予定を変更させられた方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デュオリサイタルやります(少し先)

早いもので年が明けて2か月が経過いたしました。 その間、コンサートがあり、生徒さんのコンクールや受験もあり、卒業式で祝辞を読むという経験もして、20年近くぶりに出た卒業式が厳かな雰囲気過ぎて面喰ったり、という毎日を過ごしておりました、塩見です。 みなさんお変わりございませんでしょうか? 年度内のイベントといえば、残すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめてのコンサート

もみじの頃も終わり、いつもよりやや早めの冬がやってまいりました。 胃腸炎など、はやり病も猛威を振るっておりますがお変わりございませんでしょうか。 我が家は比較的流行に軽めに乗っかったクチで、それぞれがどんよりした数日間を過ごす羽目になりました。 僕の場合は旅仕事と重なり、 「旅先のポカリ」 を堪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋のコンサート

みなさま 大変ご無沙汰しております。 秋らしい気候ってなに?なくらい急に寒くなりましたね。 電車の中はマスクの人たちでいっぱい。 まぁ、ハロウィンだしね・・・・・。 しばらく更新をさぼっている間にまた一つ年を取り、そして(年齢が)大台にのりました。 誕生日にコンチェルトを演奏させていただけたのは良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてのご案内にして

みなさま ご無沙汰しております。 気が付けば6月も中旬。 冷房も恋しい季節となってまいりました。 汗でベタつく感じはさすがに遠慮したいところですが、それでも必死でピアノを弾きながら汗をかく・・・ということ自体は嫌いではありません。 頑張ってる気がするし。 何より、少し汗を出すと体にキレが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しいピアノ

今日の午前中は、上桂の青山音楽記念館バロックザールに伺ってきました。 帰国して最初にソロリサイタルをさせていただいたのがこちらのホールでした。 6月には(ブログを休んでいる間に始まった)ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲演奏会の3回目(にして、最終回)でお世話になる予定なのですが、今日伺ったのは 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更再開するのも恥ずかしいものですが

みなさま 本当にご無沙汰しております。 シオミタスクです。 前回の更新が2013年の6月でしたから、ブログの存在を僕自身が忘れかけておりましたが、お会いした方から「ブログ見てます」とか、「書かないのですか?」とか、やんわりとお尻を叩かれたりしまして、恥ずかしながら帰ってまいりました。 とか言って、次の更新がま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンチェルトピアニスト(元)

みなさま 少しばかりのご無沙汰でございます。 前回の更新はGW前。 最初の連休で新祝祭管弦楽団とのブラームスの2番のコンチェルトを演奏させていただきました。 あまりの難曲に、 「2週間くらいお酒抜いたらピカピカの肝臓で暗譜ができるかもしれない」 と、冷静な判断力がなくなっていったり、 当日、ナー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春(「新」の字がつくころの更新だとよかったのに)のご挨拶

みなさま 前回の更新から、年が変わり、季節は移ろい、そして桜は散ってしまいましたがいかがお過ごしでしょうか? こんなへっぽこブログでも 「読んでるよ、更新しないの?」 と声をかけてくださる方も少なくなく、 書かなくては!! という気はあるものの、余裕がないからきっと 懺悔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事おさめ(演奏に限り)

坊さんも思わず走ってしまう12月。 始まったばっかりだなぁと思っていたらもうクリスマスも終わり、今年もあと5日を残すのみとなりました。 そんな僕はこの一週間、鼻水、鼻耳詰まりと格闘しながらコンサートに明け暮れていました。 それぞれのコンサートで 生まれて初めてのジャズ体験、 生まれて初めてのシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老若男女(人形?含む)

ついに雪が降るほどの寒さとなりました 車のタイヤも冬仕様にしたのですが、お店によっては5時間待ちとか当たり前みたいで、僕の代わりに交換に行ってくれた家族は大変だったようです そんな天候の中、カフェモンタージュの「ヴァイオリンソナタ」、無事終了しました{%拍手webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局のところ

もう2週間も前になりますが、モーツアルトのコンサート、楽しく終了しました。 (会場の控室からの眺め。気球体験ができたんだとか。6階にいた僕たちの目線よりもずーっと下のところをお客さんを乗せたカゴがせせこましく上下動していた。) コンサートでもなかなか取り上げられる機会のないKV511のロンド。 救いようのない悲しみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

○○の形をしている

風邪をひいたようです 学生さんがゴホゴホやってるのにマスクを着けなかったからなのか、東京からの帰りの新幹線がコミコミだったからなのか、単なる疲れなのか・・・・。 おそらく全部なんでしょうけど鼻と咽喉が・・・・・ そんな風邪をひく少し前、水曜日に宝くじのランチタイム・コンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋はどうしてもコンサートの話になるわけですが

まずはお礼を 先日のベートーヴェンソナタ、無事1回目の公演が終了しました ごまかしがきかない分、頭をフル回転させながら、でも楽しく演奏ができました。 安祐美さんとはデュオの本番はこれが2回目でしたが、彼女の音楽の豊かさや安心感はもちろんのこと、「なんだか息が合う」感覚を持てたぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズにします!!(目標)

告知だけをするのってなんだか味気ないなっていつも思うのですが、 かといって連続更新にコソっとお知らせを挟み込む行為もまた、潔くない。 以前、ドイツに住む妹のために “付録つきファッション誌” を購入したことがあるんだけど、その時にあれやこれやと大して欲しくもないものをカゴに入れ、“頼まれモノだから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋の夜長に的な

みなさま 朝晩に冷たい空気を感じる季節となってまいりました。 ちょっと更新をサボった間にコンサートや何やらがいくつかございました。 ひとつめは「アンサンブルの楽しみ」 センチュリー響の蔵川瑠美さん、京響の黒川冬貴さんとの共演でした。 曲はデュオコンチェルタンテだったので、オケパートを演奏{%大変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more